会社情報

これまでの
HOBOT
HOBOT

2010年6月に、HOBOT Technology Inc.はChao氏によって設立されました。 ロボットクリーニング製品の開発に深く関わりながら、複数国にわたって特許を取得しているHOBOTは、スマート家電業界における主要ブランドです。
ハイテクから得た洞察に裏付けられているHOBOTでは、「家をよりスマートにする」ことをコアバリューとしています。 HOBOTでは、スマートホームとIoTの概念を製品ラインに積極的に採用するだけでなく、同社が持つ高い柔軟性と効率性を利用して、お客様との長期的かつ安定したパートナーシップも築いています。
研究開発、製造、ビジネス、マーケティングの各分野の有数の人材で構成されているHOBOTは、着実かつ力強く成長を遂げており、「HOBOT」と「LEGEE」を世界の30か国以上の国々に提供しています。


ブランドの歴史

最初の窓掃除ロボットというアイデアは、Chao氏(ジョージ)が大きな窓の掃除に疲れ果てたときに生まれました。
ジョージは、初となるCD-RWプレーヤーとレコーダーをチームを率先して設計したレーザーディスク技術の専門家であり、人々の暮らしをより良くするというビジョンと熱意を持つだけでなく、アイデアを実践する能力も持っていました。
数年以内には、HOBOTの製品ポートフォリオはより高度な製品で増え続け、販売地域も世界30か国以上に拡大されることとなり、世界中の消費者から称賛されました。


イノベーションと研究開発

世界的に有名なハイテク分野に根ざしたHOBOTのメカニズム、ソフトウェア、そして工業デザインチームが、アイデアを実用的な製品へと変貌させるために共同で取り組んでいます。 「HOBOT窓拭きロボット」と「LEGEE掃除モップ 4イン1 ロボット」の市場への投入以来、HOBOTは家電業界のトップブランドの1つとなりました。
HOBOTチームには、CDプレーヤー、デジタルカメラ、スマートフォン、電子消費財、組み込みLinux/Windowsなどのさまざまなハイテク産業をカバーする主要な企業からのメンバーだけでなく、世界技能ロボットのチャンピオンも含まれており、バイオニック技術、電子工学、機械設計を組み込みながら、ロボット掃除製品を作るにあたり、日常の雑事からインスピレーションを得ています。 HOBOTでは、過酷なテストと熱心な取り組みを通して、最高の製品と優れたサービスを提供するために尽力しています。


台湾製

HOBOT製品はすべて、CE/FCC認証を取得しています。 材料の調達から製品の組み立て、パッケージングにいたるまで、HOBOTのサプライヤーのほとんどは台湾を拠点としており、製品は100%台湾で組み立てられています。 すべてのコンポーネントが、組み立てられる前に厳格な検査に合格する必要があります。
HOBOTでは、十分な訓練を受けたオペレーターで構成されており、高品質でIOS9001認証を得た組み立てラインに組み立て作業を委託しています。 こういったすべての事項が、HOBOTに対する高品質で信頼できる企業としての高い評価を支えています。

clapper
clapper
clapper
clapper
clapper